LINEでお問い合わせ
Instagram
訪問看護重要事項説明書

訪問看護重要事項説明書

「ご協力者様」(以下甲といいます)「事業者」(以下乙といいます)

  1. 訪問看護事業者の概要
    事業者(法人)名 One World Family株式会社
    代表者氏名 代表取締役 竹元 慎太郎
    所在地 東京都台東区浅草6-18-5 猿若太田ビル101
    主な事業内容 ・医療保険法・介護保険法による居宅サービス事業
    ・自由契約による在宅医療サービス事業
    ・セミナー事業、コンサルタント事業等
  2. 事業所の概要
    事業所の名称 ワンファミ訪問看護リハビリステーション 墨田本店
    所在地 東京都墨田区押上3-1-8 大宮ビル2階
    TEL:03-6820-2399
    FAX:03-6657-2388
    事業所番号(介護保険) 1360790263
    事業所番号(医療保険) 7391949
    指定取得日 平成30年9月1日
    管理者の氏名 看護師 新井 扶美子
    サービス実施地域 墨田区、台東区、江東区、江戸川区
    事業所の名称 ワンファミ訪問看護リハビリステーション 荒川店
    所在地 東京都荒川区荒川5-17-12 キャピタルマチダ101
    TEL:03-6824-5546
    FAX:03-3892-2377
    サービス実施地域 荒川区、文京区、北区、足立区
    事業所の名称 ワンファミ訪問看護リハビリステーション 港店
    所在地 東京都港区麻布台3-4-18 ホーフ麻布402
    TEL:03-6824-7554
    FAX:03-5570-6023
    サービス実施地域 港区、中央区、千代田区、新宿区
  3. 事業所の職員体制 (2024年5月1日現在)
    職種 人数(人) 区分 備考
    常勤(人) 非常勤(人)
    管理者(看護師) 1 1 0
    訪問従業員 看護師 25 20 5
    理学療法士 18 13 5
    作業療法士 4 4 0
    言語聴覚士 4 3 1
    事務 8 8 0
    その他 0 0 0
  4. 営業日時
    営業日 月・火・水・木・金・土・日・祝
    営業時間 9:00 ~ 18:00
    休業日 年中無休で営業しています
  5. サービス内容
    1. 乙は、甲の居宅を訪問し、医師の指示に基づき行なう医療処置や医療機器の管理、療養上のお世話、理学療法・作業療法・言語療法等を行ないます。
    2. 乙は、訪問看護計画及び介護予防訪問看護計画を作成します。又、甲の希望または乙の都合により、変更した際には、これを甲又はご家族に対し説明するものとします。
  6. 料金
    1. 訪問看護を受けるに当たり、主治医の≪訪問看護指示書≫が必須になります。
      指示書料金として主治医の病院より請求されますので、文章料として甲のご負担となります。
    2. 訪問看護・リハビリの料金は、原則として料金表の1割又は2割又は3割が、甲のご負担額となります。
      介護保険の場合、限度額を超えての利用分においては全額甲の負担となります。
  7. 料金のお支払い
    1. 自動払込を推奨させて頂いており、口座のご記入をして頂きます。詳細は別紙にて。
    2. 領収書 ※ 領収書の再発行は致しておりません。大切に保管ください。
      ご入金の確認後、発行させていただいております。(毎月、中旬に請求書発行、下旬引き落とし、翌月中旬に前月分請求書と領収書を発行致しております。)
      例:1月訪問分は2月中旬に請求書発行。2月下旬に引き落とし、3月中旬に2月の請求書とご一緒に1月分の領収書をお渡し致します。又、自動引き落としの際は、登録まで最短50日かかる為、2月分ないし、3月分の合算での引き落としを実施することがありますので、ご容赦お願い致します。
  8. キャンセル
    1. サービスをキャンセルする際には、すみやかにご利用の事業所までご連絡ください。
      連絡先の電話番号
      □ 墨田本店 03-6820-2399
      □ 荒川店 03-6824-5546
      □ 港店 03-6824-7554
    2. 甲の都合でサービスをキャンセルされる場合は、サービス日の前日までにご連絡ください。
  9. 緊急時の対応について

    サービス提供中に病状の急変などがあった場合は速やかに、甲の主治医、救急隊、緊急時連絡先(ご家族等)、 居宅介護支援事業者(ケアマネージャー様)等へ連絡対応を致します。 営業時間外の夜間や休日等に容態の急変等、緊急のケースが発生した場合に備えて、 あらかじめ担当訪問スタッフに緊急時の対処についてよくご相談ください。

  10. 事故発生時の対処法について

    サービス提供中に事故が発生した場合には、速やかに甲のご家族等緊急時連絡先に連絡を行うとともに、必要な措置を講じます。

    1. 甲が怪我をされた場合、怪我の状態、現場状況等を確認し、状態に応じて、救急隊、主治医、居宅支援事業者等へ連絡し、必要な対処をいたします。
    2. 物損事故が発生した場合、破損物の状況や程度を確認し、追って破損物の写真撮影等にお伺い、必要な対処をいたします。
    3. 訪問にあたり、担当スタッフ自身が体調不良やけがをしてサービス状況に支障が出た場合は、振り替え訪問やお休み等、甲とご相談の後、適宜対応いたします。
  11. サービス内容等の記録作成・保管
    1. 用紙で保管する場合は、鍵のかかる場所に保管します。乙は、甲へのサービスの実施状況等に関する記録を整備し、 契約終了の日から2年間保管します。請求に関する資料は5年間保管します。
    2. 保管期間が終了した書類についてはシュレッダーした上で破棄します。
    3. 電子媒体で保管する場合は、パソコンログイン時にパスワードを求める等のセキュリティーを設定し、 甲のデーターに対してアクセス権限のない第三者が不正にパソコン操作を行えないようにします。
    4. 外部へのデーターの持ち出しは禁止し、保管期間が終了したデーターはパソコンより消去します。
  12. 個人情報の取扱いについて

    乙は甲へのサービスを実施していくにあたり、下記のとおり個人情報の提供を行います。

    1. 主治医・ケアマネジャー様へ「訪問看護報告書・次月訪問計画書」を毎月初旬に提出します。
    2. 保険者へ「居宅サービス給付費明細書」を毎月初旬に提出します。
    3. 甲の体調不良時や緊急時等の対応時に、関連機関(病院や救急隊)への電話やFAXなどによる連絡をします。
    4. 医療機関または介護保険施設にご入所される際に「訪問看護サービス要約」を提出します。
    5. サービス担当者会議の開催時、必要な意見を求められた場合に情報提供をします。
    6. 当ステーションから別のステーションへ移行時等、サービスの保持・増進を目的として、必要に応じて情報提供をします。
    7. 学生の実習がありますが、個人情報保護の契約もしております。
  13. 秘密保持

    本契約の締結にあたり、乙は、甲又はご家族の個人情報取扱について説明し、下記への甲の同意を求めます。

    1. 乙及び従業員は、正当な理由がない限り、サービス提供にあたって知り得た甲又はご家族様の秘密を第三者に漏らしません。 この守秘義務は契約終了後及び従業員退職後も同様です。
    2. 甲又はご家族様に関する個人情報を、前項以外の目的外利用または第三者提供において用いる場合には 甲又はご家族様に使用目的等を説明し同意を得てから使用致します。
    3. 例外的に、乙は甲へのサービスを実施していくにあたり、関連する医療機関、介護サービス事業者、 区等の公的機関へ必要な個人情報の提供を行うことに同意するものとします。
  14. サービス内容に関する苦情等相談窓口

    当社でのサービスに関する相談や苦情は、次の窓口で対応いたします。
    One World Family 株式会社
    電話:03-6820-2399
    FAX:03-6657-2388
    E-Mail:onefami0701@outlook.co.jp
    受付窓口:新井 扶美子

    次の公的機関においても、相談ができます。

    対象区 介護保険
    窓口 連絡先
    墨田区 墨田区 介護保険課 事業者担当 03-5608-6544
    台東区 台東区 介護保険課 事業者担当 03-5246-1244
    江東区 江東区 介護保険課 介護サービス利用相談 03-3647-9481
    江戸川区 江戸川区 介護保険課 事業者調整係 03-5662-0032
    荒川区 荒川区 介護保険課 事業者支援係 03-3802-3111
    (内線:2436)
    文京区 文京区 介護保険課介護保険相談係 03-5803-1383
    北区 北区 介護保険課給付調整係 03-3908-1286
    足立区 足立区 介護保険課事業者指導係 03-3880-5746
    港区 港区在宅相談センター 03-6435-0758
    中央区 中央区役所 介護保険課 指導担当 03-3546-5749
    千代田区 保健福祉部 福祉総務課厚生係 03-5211-4211
    新宿区 新宿区区役所高齢者総合相談センター 03-5273-4593
  15. 高齢者虐待防止について

    ステーションは虐待の発生又は再発を防止するため、津語の名号に掲げる措置を講じるものとする。

    1. 事業所における虐待の防止のための対策を検討する委員会(オンライン会議を活用して行うことができるものとする。) を定期的に開催するとともに、その結果について、従業者に周知徹底を図ること。
    2. 事業所における虐待の防止のための指針を整備すること。
    3. 事業所において、従業者に対し、虐待の防止のため研修を定期的に(年2回以上)実施すること。
    4. 前3号に掲げる処置を適切に実施するための担当者を置くこと。
  16. ハラスメントの防止について

    ステーションは、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景にした、 業務の適正な範囲を超える言動により、他の労働者に精神的・身体的な苦痛を与えたり、就業環境を害するようなことをしてはならない。

    (懲戒の事由)
    従業員が、次のいずれかに該当するときは、情状に応じ、けん責、減給又は出勤停止とする。

    1. 身体的な攻撃(暴行・障害)
    2. 精神的な攻撃(脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言)
    3. 人間関係からの切り離し 隔離・仲間外し・無視
    4. 過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事内容の妨害)
    5. 過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
    6. 個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

2024年5月1日制定
以上